離乳食と赤ちゃんの便秘

ミルクから離乳食に切り替えた途端、赤ちゃんの便秘が気になるようになることは珍しくありません。それと同時に赤ちゃんの便秘に悩むママさんはたくさんいます。

そこで当サイトは赤ちゃんの便秘に悩む初めての子育てママさん必見!

離乳食期の赤ちゃんの便秘解消に役立つ離乳食と赤ちゃんの便秘との上手な付き合い方を紹介するサイトです。

また食べ物と赤ちゃんの便の状態の変化や、病気などが心配され病院受診が必要な便の状態についてもご紹介します。赤ちゃんの便を日頃から観察して便秘解消と病気の早期発見に努めていきましょう。

離乳食の必要性

赤ちゃんにとって離乳食が何故必要なのかというと次のような理由が挙げられます。

ミルクだけで不足していく栄養を補給
赤ちゃんの成長に伴いミルクや母乳だけでは栄養が不足がちになります。例えば、カルシウム、鉄分、ビタミンなどといった赤ちゃんの健やかな成長に欠かせない栄養素が足りなくなってくるのです。そんな不足していく栄養を離乳食で補給します。
「ゴックン」から「モグモグ」の練習
離乳食期は「飲み込む」だけでなく「噛む」ための練習期間でもあります。赤ちゃんはゴックンはできてもモグモグするための機能はまだ発達していません。なので離乳食を開始することで形ある食べ物をモグモグと噛んで食べる練習が必要となります。
未熟な消化機能が発達
ミルクや母乳などの液体から、野菜や果物などの固形の食べ物を与えるようになると赤ちゃんの胃腸の消化吸収力が発達し、徐々に大人と同様の食事が出来るように消化機能を始め体全体が徐々に成長していきます。
大人になってから健康的な食生活を送るための準備
離乳食の頃から様々な食材を使い食べることに対して、「楽しい」「美味しい」「幸せ」などのような気持ちを教えてあげることは、将来大人になってから健康的な食生活を送るために必要なことなのです。

このように赤ちゃんの離乳食には大事な意味があるのです。この時期に沢山の食材を使い、色んな味に慣れさせていくことで便秘解消や予防に役立つ食材も好んで口にしてくれるようになれば、離乳食で赤ちゃんの便秘対策が可能になります。

離乳食作りは電子レンジで手間いらず

赤ちゃんの離乳食は1食分がとても少量なので火を使っての調理は失敗がつきもの。そんな失敗をせずに済むのが電子レンジの活用です。

  • 調理時間の短縮
  • 必要な材料を必要な分だけでOKだから無駄なし
  • 野菜を茹でるお湯を用意する必要もなし
  • 後片付けも楽

電子レンジは毎日忙しいママさんの強い味方になってくれること間違いなし!電子レンジを上手に活用して赤ちゃんの離乳食作りに役立てていきましょう。

お肉、野菜、お魚など様々な食材をレンジでチンするだけで手軽に離乳食に使用できるので、色んな食材を使って赤ちゃんの便秘解消や便秘予防に努めていきましょう。